ばんちゃおぶろぐ

イベントとおんがく。時々ひとりごと。

途中下車スタンプラリー

スタンプラリーとか言ってますが、今回は途中下車印についてのお話です。

途中下車印とは、その名の通り「この駅で途中下車したよ」という意味のハンコです。
途中下車できる切符は片道100キロ以上の乗車券だったり、フリーきっぷだったり、いろいろありますが、今回は青春18きっぷのお話。

友人と旅行をしたのですが、その友人が僕の18きっぷを見て「スタンプラリーかよ」と突っ込んできました。ではどんなものだったのでしょう?


下車印がすごい。感熱紙なので擦れが酷いですね。

ではどこの駅の途中下車印があるかご紹介。
擦れてたりする駅名を書き加えたものがこちら。

守山、栗東野洲南草津草津など琵琶湖線が固まっていたかと思えば、岩宿、国定、小山など北関東の駅名があったり。かと思えば唐崎、蓬莱など湖西線の駅名もあったり、熱海、伊東、沼津、浜松など静岡地区の駅名があったり。地味に姫路とか書いてあるのも凄いですよね。我ながら有効活用しまくったなあと感じています。


下車印もまた切符に込められた思い出のひとつだと個人的には思っています。「ああ、この駅で降りたんだっけ。この駅はこんな感じで……こんなことがあったなあ」と思い出すきっかけになると信じて、今日も僕は窓口へ向かいます。

「すみません、途中下車印お願いします!」