ばんちゃおぶろぐ

イベントとおんがく。時々ひとりごと。

はっぴーばーすでー僕 〜北関東ひとり旅〜

7/20で20歳になりました。
気付けばもう成人、時の流れは速いものです。

成人記念ということで、18きっぷを使って北関東をふらふらとしてきました。
目的はそう、POS券です。

以前は八高線金子駅や相模線原当麻駅南武線川崎新町駅など比較的都区内からも行きやすい駅に残っていましたが今は全て撤去済。しかし少し都区内から離れると少ないながらも残っているのです。
房総半島なんかPOS駅が山ほどありますがそれは後回しとして、今回は両毛線のPOS駅を回ってきました。

新秋津からむさしの号で大宮、大宮からラビットで小山へと向かいます。

相変わらず小山の両毛線ホームは独特の雰囲気です。しかしこれが堪らない。

朝ごはんを食べていなかったので改札内のリトルマーメイドでパンを買います。美味しい。
乗車電はオールロングシートの211系。ボックスシートを兼ね備えた115系ばかり走ってるイメージだったのですが、気付けば211系の天下になっていたようです。

小山から1時間弱電車に揺られてやってきたのは国定駅

よくある田舎の駅といった感じ。このような雰囲気の駅は個人的に大好きです。

入場券などを購入。駅の周りには綺麗なロータリーがありましたがバス停などは特に見当たらず。

こちらがホーム。雰囲気がいいですね。

再び両毛線山前駅へ。またまた211系です。

こじんまりとした駅舎。雰囲気がいいです。

入場券などを購入。こちらは電車の本数の都合上10分も滞在できなかったのが残念。もう少し駅周辺を見て回りたかったですね……

岩宿駅には出札窓口が2つあり、2つそれぞれにPOS端末が設置されています。
どちらか一方が買えればいいかなあと思いながら岩宿駅へ。

国定や山前よりは大きな駅舎でした。田舎の少し大きな駅といった雰囲気。
ここでは運がよくどちらの端末の切符も買うことができました。奇跡…!

富田駅は出札窓口が開いている時間が短いのが少々難点。
僕が行った時はまだ窓口が開いていませんでした。

所謂「自動券売機」ではなく、食券販売機のような券売機が設置されています。この写真を撮った時はまだ窓口が閉まっていました。

そして入場券などを購入。これにて両毛線全POS駅の全端末の切符をコンプリートしたことになります。

炎天下の中何十分も電車を待つのは苦行ではありましたが趣味なので死ぬほど楽しかったです。
旅先で出会う人と会話をするのもまた一つの楽しみ。色々な方とお話できて楽しかったです。

  • 第五の目的地 SHIROBACO

富田から小山へと戻り、小山からは一気に都内へ。阿佐ヶ谷へ向かいます。

はい、酒です。ビールです。
キャストにも祝ってもらえて最高に幸せでした。美味かったし。


いや本当に素敵な誕生日でした。






…っと思って家に帰ってみたらダンボールの山が………
そうです、宅配テロです。毎年恒例の。
というわけで次回は宅配テロされた品物紹介の記事を………書くかもしれません。