ばんちゃおぶろぐ

イベントとおんがく。時々ひとりごと。

爆アドでオイオイ泣いてるとの通報


フラゲ日にちゃんと買ってきました。予約してましたしね。


エロマンガ先生のEDということで何度もアニメサイズは聴いてきたわけですが、ここ最近のトラセとしては珍しいタイプの曲調だったので非常に楽しみでした。


しかし歌詞カードを見てみると、とても涙を誘う歌詞が何箇所もあり、気付いたら涙を流していました。


1番…即ちアニメサイズの部分にもかなり深い歌詞があったりすることに気付き、「そういや演奏ばっかり考えながら聴いてたなあ」と。視野が狭くなっていたようです。

ずっと気付いていたんだって この手に抱えていたんだって
弾けた 声に 流した 答えが 今 そっと きっと 願いこめた

ブチ上がる曲調ではあるのですが、聴き方を変えると涙を誘う曲調。ずるいですね、こういうの。

ゆっくり 焦んない 自分の 歩幅で行こう
大丈夫 心配ない 描いたもの 全部叶えるよ

Cメロ部の歌詞です。正直な話しますとここで泣きました。
僕もゆっくり焦らず、自分の歩幅で描いたものを全部叶えていきたいですね。




B面は「かかわり」、まどかのアプリゲー曲です。
こやつもまた涙を誘う曲で本当にずるい。

これが物語だったら君を
この勇気だけで 容易く
救えるのに

ここでやられました。
本当に物語の中だったらいいのになって。人を救うのって現実世界だと大変なんですほんと。



現場で聴くのが楽しみですね、adrenaline。
かかわりは何度か聴いているので懐かしい気分になりました。
皆さんも何気ないオタクソングの歌詞を考えながら曲を聴いてみては如何でしょうか。意外と泣けます。